第18回シッティングバレーボール全国親善交流大会 in 白馬

7月25日(土)・26日(日)に、第18回シッティングバレーボール全国親善交流大会 in 白馬が開催されました。

昨年11月に起きた長野県神城断層地震によって多くの被害が発生し、白馬村は現在も復旧・復興の最中です。
今大会の開催にご協力してくださった白馬村長 下川様をはじめ、多くの関係者の皆様に感謝を申し上げると共に、 本協会もシッティングバレーボールで盛り上げ、復旧・復興支援に尽力する所存です。

今大会は男子16チーム、女子7チームが参加し、千葉パイレーツ・千葉レディースパイレーツが素晴らしいプレーで勝利を収め、3年ぶりにアベック優勝を果たしました。

白馬村長 下川様

八方尾根観光協会長 丸山様

千葉パイレーツ

千葉パイレーツ

三石康之選手

三石康之選手

千葉パイレーツ

千葉パイレーツ

加藤朱美選手

加藤朱美選手

ヤングチームvsアダルトチーム

大会初日に選手会によるデモンストレーション試合が行われました。
協会に登録している身障者の男子選手が出場し、ヤングチームとアダルトチームに分かれて1セットマッチでの対戦です。 試合前半は若さと勢いでヤングチームが試合をリードしていましたが、後半はこれまでの経験と力を発揮したアダルトチームが勝利しました。

コート左側:ヤングチーム

コート右側:アダルトチーム

ボランティア

ボランティアとしてご協力いただいた、白馬村立白馬中学校の皆様、親和ジュニアの皆様、誠に有難うございました。 暑さに負けずに試合のサポートや選手たちへの声援を送ってくださいました。来年は大会への参加もお待ちしております。

白馬村立白馬中学校 25日(土)午後

白馬村立白馬中学校 26日(日)午前

白馬村立白馬中学校 26日(日)午後

親和ジュニア 26日(日)

―お詫び―
ボランティアの皆様をご紹介するために写真撮影にご協力いただきましたが、25日(土)午前の白馬村立白馬中学校の皆様の撮影を失念しておりました。 幾度となる失態で皆様にご迷惑をお掛けしましたことを、深くお詫び申し上げます。
以後、このような事態を繰り返さぬよう、最善を尽くして参ります。今後とも日本パラバレーボール協会をよろしくお願いいたします。

counter