第15回日本シッティングバレーボール選手権大会

大阪市舞洲障害者スポーツセンター・アミティ舞洲で第15回日本シッティングバレーボール選手権大会が開催されました。
男子は12チーム、女子は、中国・上海のチームを加え9チームが参加いたしました。
優勝チーム、MVP、大会の模様をこのページでお届けします。

サーカス

上海

※上海女子チーム選手・スタッフと真野会長

今年の9月に中国上海チームと全日本女子チームが合同合宿を行い、第15回日本選手権に中国上海女子チームを招待いたしました。
上海チームのプレイは、パワー、スピードで日本のチームを圧倒し、優勝を勝ち取りました。
大会中に上海の監督である張 俊さんを交えた上海チームと真野会長を中心とした日本協会チームとの対戦では、普段張さんはシッティングバレーボールを行わないのですが、高さとパワーを見せつけ会場を大いに沸かせてくださいました。
また、上海女子チーム対全日本女子とのエキシビジョンマッチも行われ、緊張感のある真剣勝負を披露してくださいました。

張俊さん(左)と真野会長(右)

今大会も2日目に引き続き、日本パラバレーボール協会の選手会の方々より、募金活動・チャリティーバザーが行われました。
来年度の「第13回東日本・西日本シッティングバレーボール選手権大会」、「第15回シッティングバレーボール全国親善交流大会 in 白馬」でも行います。
また、大会中募金をしていただいた方々、まことにありがとうございました。

counter