第13回日本シッティングバレーボール選手権大会

兵庫県神戸市王子スポーツセンター体育館を会場に日本選手権大会も今年で、13回を数え、毎年多くの方に参加していただき、大会を開催できることに心からの喜びを感じるとともに、関係者の皆様に感謝を申し上げます。
本大会は特別ルールの下、すべてのバレーボールを愛する人々がわけ隔てなく楽しむことができる工夫をしております。また、男子は13チーム、女子は10チームの参加です。それぞれの試合でレベルの高い試合展開を期待し、この大会を通じて障害者スポーツへの理解が一層深まり、多くの方に素晴らしい出会いとふれあいを楽しんでいただければ幸いです。

京都おたべーず太郎

埼玉レッドビーズヴィーナス

今大会は、マレーシアから「Kattun」がシッティングバレーボールを観戦に来ていただきました。
Kattunは、マレーシアのクアラルンプールでフェスピック大会の3位決定戦、日本対韓国の男子のシッティングバレーボールの試合を見てとても感動し、今大会駆けつけていただきました。
「すばらしい試合にしましょう!!」というKattunのあいさつで選手たちは闘志が高まりました。

神戸市障害者スポーツ協会 常務理事
山本芳彰様ごあいさつ
神戸バレーボール協会、審判団の方々
Kattunと神戸女子大学バレーボール部
関西学院・聖和女子バレーボール部の方々
神戸市障害者スポーツリーダーの方々
counter